カテゴリ:Style( 6 )

 

つつじの咲く道へ

a0165490_12375621.jpg
御茶ノ水からサロンへ向かう道、
いよいよ植え込みのつつじが花開きはじめました!

白いハナミズキとフューシャピンクのつつじ、
早い夏の到来を告げてくれます。
この時期、サロンのまわりがとても華やかです。

学生の頃、
泉鏡花原作の「外科室」という映画を観ました。
舞台は私共のサロンのご近所
小石川植物園の、つつじ咲き乱れる庭園です。
それからわたしは、つつじが大好きになりました。
そしてサユリストにもなりました。
(主演は吉永小百合さんです)

ご来店の際には少し足を伸ばして、
小石川植物園を歩いてみるのはいかがですか?

そんなつつじの季節をお迎えするため、
今日はお花の植替えです。
青みの強いピンクと白を選んで、
お店のエントランスも明るくなりました。

みなさま是非、お気軽にお立ち寄りくださいませ。
[PR]

by s-yoneyama | 2012-04-28 12:37 | Style  

Che cosa prendi al bar?

a0165490_9295752.jpg
春は名のみの風の寒さ、ですね。
夕方から急に、冷え込みがつよく
なりました。

銀座には、よく利用するシルクの
専門店があります。
フォーマルの生地も充実していて、
足を運ぶ機会が多いのです。
寒さ厳しい真冬の帰り道は、
温かい飲み物を求めて、

並木通りを小走りに
三笠会館のイタリアンバール「LA VIOLA」を
めざしたものです。

でも、陽ざしの明るい3月の銀座となれば、
少し足を伸ばして、
日比谷のCOVAまで歩かずにはいられません♪

平日の午後遅いCOVAは、ミラノをひとりじめしているみたい。
天井高い店内でのびのびとくつろいで、
お目当ての、濃くて熱いチョコラータを頼みます。

ラ・ヴィオラ、とか、コーヴァ、とか、
そのマホガニー色の響きが大好きなんです。
とろっと香ばしいホットチョコレートにぴったりでしょう?
どちらのお店も、甲乙つけがたい美味しさです。

窓の外を眺めながら、しばしの休息。
遠のいてゆく冬の後姿を見送るように、
春が駆け出すその前に、
このシーズン最後のチョコラータをゆっくりと味わいました。
[PR]

by s-yoneyama | 2012-03-15 23:50 | Style  

no title

3月11日によせて

東日本大震災において被災されたすべての地域の皆様に
心からお見舞いを申し上げます。

未曾有の大惨事に言葉もなく、
いまなお続く被災地のお悲しみとご苦労を思い、
一日も早く、ほんとうの春が訪れるようお祈り申し上げます。

震災後、
私どもの仕事は単なる贅沢品ではないのかと、
このような非常事態に
生命をつなぐことにはまったく無力ではないのかと
照明の消えた店内で自問自答を繰り返してまいりました。

そんな苦しい春が過ぎ、初夏にいたる頃、
10年前にお納めしたお洋服のお直しを承ることがありました。
わたしどものアトリエでは、20年前の納品であっても、
当時、そのお洋服を仕上げた縫製担当者本人が
お直しをいたします。
お召しいただいた機会は数え切れないほどと存じますが、
さいわい生地にいたみもなく、
10年間の体型の変化に合わせて、
肩幅の微調整ほかをすることで、新鮮さを取り戻しました。

そのときに、私どもの仕事は決して贅沢なだけのものでは
ないのだ、と強く実感したのです。

着るかたの個性と魅力を引き立たせる本質的なデザインをすること。
良い生地を選び、しっかりと丁寧に一着の服を仕立てること。
そして、手入れをしながら、長くご愛用いただくこと。
お客様の人生に寄り添い、大切な場面でそっと彩りを添えること。
それがわたしどもの仕事であることに、あらためて思い至りました。

デザインのご相談、仮縫い、出来上がりと
何度もサロンへお越しくださいますお客様のみなさま、
いつも本当にありがとうございます。
いま皆様にご愛用いただいている幸福な服たちを
10年後もお手入れさせていただくために、
一日一日を大切に営業してまいりたいと思います。
これからももどうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱米山デザインオフィス 代表取締役 米山康孝
                        スタッフ一同


※米山デザインオフィスでは、商品の発送などに際しましては、
ヤマトホールディングスの「宅急便ひとつに、希望をひとつ入れて」の活動に
賛同し、ヤマト運輸を利用しています。
3月の収益の一部を日本赤十字社を通じ、被災地への寄付を行う予定です。
[PR]

by s-yoneyama | 2012-03-11 12:05 | Style  

The Lady Is A Tramp

a0165490_23431472.jpg
レディ・ガガの秘蔵映像教えてもらいました!

わたしの洋楽師匠・ミスター青木は、
あるときは、とびきり美味しいコーヒー豆専門店主、
またあるときは、ビッグバンドのギタリスト。

今日も新作珈琲のブレンドをテイスティングしながら
音楽談義に花が咲き、
とっておきのPVを見せてもらいました。

皆さま、トニー・ベネットとレディ・ガガのデュエット、
You Tubeで見たことありますか?

80歳をとうに超えた
アメリカンエンターテインメント界の大御所
トニー・ベネットが、
それはもう、嬉しそうに楽しそうに、
レディ・ガガとデュエット!

ダンディなオジ様のハート光線をあびながら
キュートでチャーミングな歌いっぷりと
なんだかぎこちないダンスのシーンが
新鮮で愉しくて、何度も再生しちゃいます。

黒いレースのシースルードレスがよく似合って、
ブルーの髪は美しい熱帯の鳥のよう。
このドレスを創った幸運なデザイナーは、誰?

わたし、すっかりレディ・ガガのファンになりました!
今週末はこの歌をハミングしながら
レースの生地をどうにか…するかな?
[PR]

by s-yoneyama | 2012-02-24 23:47 | Style  

美しい五月に

a0165490_13151413.jpg
五月は、風のようにやってきました。
新緑が鮮やかで、深呼吸したくなりますね。

毎年、この月になると、私はオー・ド・トワレをチェンジします。
なぜか…、なぜなんだか、そんなことになっています。
この一年ずっと愛用してきたのは、
英国・ペンハリガン製の『LILY OF THE VALLEY』。
清楚なすずらんの香りにノックアウトされて以来、
朝な夕なに、この花の水は心を癒してくれました。

そしてこの五月、今年の香りは『VIOLETTA』に決定!
ペンハリガンの魅力に抗しきれず、同じブランドを購入しました。
小さなすみれの、紫色の香りです。
ふと、モーツァルトの「すみれ」という歌曲を思い出しました。
このビタースウィートな詩情に、まさにぴったり!

わたし自身はとても、すみれのようとは言い難い
さっぱりしすぎるキャラクターなのですが、
紫色が気になって、カラーセラピーの本をひもといてみました。
バイオレットのページを開くと、
「大きなヴィジョン、霊的な啓蒙、サイキック能力に関連する」と!
この花をシンボルに選んだ今年、
いったいどんなことが起こるのでしょうか…??
[PR]

by s-yoneyama | 2010-05-02 17:50 | Style  

ITALIAN TOUCH by TOD'S

a0165490_2350153.jpg
注文していた写真集が届き、外箱を開ける喜び♪
嬉しい金曜日です。

最近のTOD'Sの広告写真って、ほんとうに素敵ですよね。
わたしは雑誌が大好きなので、
男性誌・女性誌を毎月10冊以上は購読していますが、
このごろはTOD'Sのページが特に楽しみ。

しばらく前から、この写真集のことは雑誌でも見かけていて、
「欲しいな…。見たい…。」と思っていたものの、
どうしても必要な本以外は購入しないと固く決めたこともあり
しばらく注文をためらっていたのです。

でも!
やはり買って良かったです。
これは手元に置いて、いつまでも夢を見られる写真集。
ほんとうにシンプルな白シャツにジーンズ、足元はTOD'Sのローファー。
それだけなのに、なんてラグジュアリーなスタイル!
そして背景は、イタリアの豪奢な邸宅あり、海辺のリゾートに冬の雪林あり、
素敵な一族の乗馬シーンと、まるで映画のよう。
すみずみまで、食い入るように見つめてしまいます。

カラフルなローファーには、白いパンツが良く合いますね。
でもこの写真集にインスパイアされた私は、
ベージュの初夏のパンツを思いついてしまいました!
ゆったりとしたシルエットで、作ってみたい。
そして、ローファーは何色にするか…

週末、TOD'Sのブティックで、う~んと悩んできますね!
[PR]

by s-yoneyama | 2010-04-09 23:59 | Style